プロフィールを書こう

買う人はどんな人が売っているのか気になります。
安心して買ってもらうためにも名前とプロフィール写真は登録しておきましょう!

▼おざぶまるこさんの例▼
 


イメージが伝わりやすい画像を掲載しよう

●基本編
特に1枚目は大事です!商品の魅力や全体像が伝わる画像にしましょう!

 
2枚目以降は裏側や側面など商品の状態や詳細がより伝わる画像を掲載しましょう!

 

●応用編
画像内にキャッチコピーを入れましょう!
食品の場合は「おいしそう」と思われるよう「シズル感」を意識してみましょう!

 
商品の製造過程や製造者・出品者の情報を記載することでお客様の不安を取り除くことができます。

迷ったら他のサイトや出品者の画像を参考にしてみましょう!


タイトルにはセールスポイントを入れよう

下記5点を意識してセールスポイントを入れましょう!

①商品状態
(例)【新品・未使用】GUCCI ストラップパンプス サンダル
②購入の時期
(例)【今期の新作】ZARA デニムジャケット
③商品のレア感
(例)【雑誌限定】ananコラボ eteプレエンゲージピンキーリング
④具体的な魅力
(例)【2倍長持!】日本未発売30mmフェイス
⑤実績や評価
(例)【No.1の機能性】ルイ・ヴィトン❇️モノグラム❤️長財布


商品説明にはより詳しい情報と購入する際の補足を入れよう

●詳しい商品情報
・キャッチコピーをより詳細に説明しましょう。
・スペックや特徴などの具体的な情報が書かれているほど購入されている傾向にあります。
・コスメや家電、ゲームなどは正式名称や品番から探されることも多くあります
●購入する際の補足
・使用期限や発送のタイミングなど、お客様が気になるポイントを補足しましょう


適切な価格を設定しよう

無茶な価格を付けても誰も買ってくれません。相場を調べてみんなが買いたいと思う値段にしましょう。


マナーを守ろう

購入してくれた方が評価やクチコミを書いてくれることがあります。
評価が下がると購入してくれる人も減ってしまうので最低限のマナーは守りましょう!


発送はなるべく早めに設定しよう

似たような商品が出品されている場合は発送が早い方が購入されやすいです。
可能な限り早めの発送を心がけましょう。


出品者インタビュー